本文へスキップ

セミナー|一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)は翻訳の世界標準を目指します。

ナビゲーション

  

   <JTA 新セミナーラインナップ>    
    当協会では以下の5つのジャンルでセミナーを開催しています。
         

<オンラインで世界中から参加できます!>

以下のセミナーすべて、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインはズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも双方向のコミュニケーションが可能です。 (Skypeをご存知の方は同じようなツールとお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りしますのでご安心ください。

セミナー受講者の声を聴きませんか。
過去のセミナー受講者より頂いたセミナー レポートを掲載しています。
>>こちらよりアクセス下さい

2020年2月のセミナー スケジュール



「知財検定2級、3級直前ポイント」セミナー

 
 ― 講師が過去問を徹底研究して作成した100枚の
     スライドを使って、知財知識の再確認を行います。 ―  

 知財検定(知的財産管理技能検定)の受検者は35万人を突破しました。(出典:知的
財産教育協会ウエブサイト <www.kentei-info-ip-edu.org/>)
 ビジネスを行う上で知的財産の知識は必須です。特許、著作権、商標の事件やニュースが
毎日のように報道されています。知的財産は人間の知力が生み出した重要な財産であり、
若年、中高年の方々はこの知識を入手し、就職やビジネス立ち上げに役立てることができ
ます。したがって知財検定もビジネスマン、学生に人気が高まっています。
 講師が過去問を徹底研究し、本番で狙われる箇所を中心に、直前見直しのための資料を
作成しました。知的財産法のポイントをまとめた100枚のスライドを使い、記憶の定着、
知識の再確認を行います。
 本セミナーは、2級、3級受検者何れの方でもお聴き頂ける講座です。2級に照準を合わ
せた講義を行いますが、2級、3級でも知的財産の知識という点では差異はないため、
受講後に3級受検者は2級の受検も視野に入れることができます。

<セミナー目次>
1.知財検定2級、3級の概要、傾向
2.2019年2級合格者からのメッセージ
3.特許法、実用新案法、意匠法、著作権法、その他の法律のポイント解説
(100枚のスライドを使ってポイントと過去問解説)

このセミナーでは、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインは
ズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも
双方向のコミュニケーションが可能です (Skypeをご存知の方は同じようなツール
とお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。
参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りします
のでご安心ください。

本セミナーは同じ内容のセミナーを2020年2月27日(木)及び3月5日(木)
に実施いたします。 どちらかの日程にてお申込みください。

*時間はいずれも18時から20時(日本時間)です。

1) 2020年2月27日実施のセミナーのお申込みはこちら  

2) 2020年3月5日実施のセミナーのお申込みはこちら  

*注)セミナーご受講のお申込みの際、携帯電話のメールアドレス及びhotmailアドレスは記載しないで
 ください。当協会からのセミナーのご連絡が届かない場合がございます。


 ・外資系銀行を経て特許事務所にて勤務
 ・現在、奥田国際特許事務所にて、また翻訳者、執筆者、弁理士として
  活躍し、米国バベル翻訳大学院では第3科目「特許・技術・医薬翻訳専攻」
  にて「特許翻訳レベルⅠ(英日)」をプロフェッサーとして担当
 ・ 「現代日本執筆者大辞典・第5期」(日アソシエイツ)に掲載されている
 ・ 元 弁理士試験委員
 ・英検一級取得
 <著書>
 「ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語」(秀和システム)
 「国際特許出願マニュアル2版」(中央経済社)
 「特許翻訳テクニック2版」(中央経済社)
 「もう知らないではすまされない著作権」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解著作権法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解商標法のしくみ(3版)」(中央経済社)
 「米国特許法改正のポイント」(中央経済社)
 「ネイティブに笑われない英文ビジネスメール」(中央経済社)
 「こんなにおもしろい弁理士の仕事(3版)」(中央経済社)
 「誰でも弁理士になれる本(4版)」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ第3版」(中央経済社)
 「自宅でできる翻訳の仕事」(ペーパーバック+電子書籍、インプレスR&D)
 「知的財産関係条約基本解説」(法学書院、2017年1月)
 「現代日本執筆者大事典・第5期」(日外アソシエーツ)所載
 「はじめての特許出願ガイド」(中央経済社発行)2019年3月


            <リーガル翻訳セミナー>

「英文契約書の基礎・実務ポイント」セミナー

 
 ― 国際間の取引で必要な英文契約書を取り上げ、
       その基礎、ポイントを実例を挙げて詳しく学習する。 ―  

 世界のグローバル化に伴い、英文契約書を取り交わす場面が急速に増えてきて
おります。本セミナーでは英文契約書のルール、構成、共通条項、必須用語・用例等の
基本的な事項、国際契約の背景、諸問題、注意事項等について、そのポイントをご説明致し
ます。
 英文契約書翻訳に関心を持っておられる方、企業の海外営業、法務部門の方等に是非
ご参加頂きたいセミナーです。

<セミナー目次>
1)国際契約の背景に流れる考え方―契約書が必要な理由
2)英文契約書の構造(前文・約因・本体条項・共通条項)についての理解 
3)英文契約書特有の文法、専門用語、慣用句等の基礎的な理解 
4)英文契約書の実例―秘密保持契約書

このセミナーでは、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインは
ズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも
双方向のコミュニケーションが可能です (Skypeをご存知の方は同じようなツール
とお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。
参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りします
のでご安心ください。


セミナーのお申込みはこちら  

*注)セミナーご受講のお申込みの際、携帯電話のメールアドレス及びhotmailアドレスは記載しないで
 ください。当協会からのセミナーのご連絡が届かない場合がございます。

●実施日:2020年2月21日(金)15時~17時(日本時間)   
●申込締切 :2020年2月18日(火)(日本時間)



 ・早稲田大学第一法学部卒業
 ・総合商社にて海外営業、海外法務に携わる
 ・バベルにて法律翻訳に必要な知識・技法を習得
 ・現在バベルにて、リーガル部門の通学・オンライン講座の講師を
  務める


2020年3月のセミナー スケジュール



「知財検定2級、3級直前ポイント」セミナー

 
 ― 講師が過去問を徹底研究して作成した100枚の
     スライドを使って、知財知識の再確認を行います。 ―  

 知財検定(知的財産管理技能検定)の受検者は35万人を突破しました。(出典:知的
財産教育協会ウエブサイト <www.kentei-info-ip-edu.org/>)
 ビジネスを行う上で知的財産の知識は必須です。特許、著作権、商標の事件やニュースが
毎日のように報道されています。知的財産は人間の知力が生み出した重要な財産であり、
若年、中高年の方々はこの知識を入手し、就職やビジネス立ち上げに役立てることができ
ます。したがって知財検定もビジネスマン、学生に人気が高まっています。
 講師が過去問を徹底研究し、本番で狙われる箇所を中心に、直前見直しのための資料を
作成しました。知的財産法のポイントをまとめた100枚のスライドを使い、記憶の定着、
知識の再確認を行います。
 本セミナーは、2級、3級受検者何れの方でもお聴き頂ける講座です。2級に照準を合わ
せた講義を行いますが、2級、3級でも知的財産の知識という点では差異はないため、
受講後に3級受検者は2級の受検も視野に入れることができます。

<セミナー目次>
1.知財検定2級、3級の概要、傾向
2.2019年2級合格者からのメッセージ
3.特許法、実用新案法、意匠法、著作権法、その他の法律のポイント解説
(100枚のスライドを使ってポイントと過去問解説)

このセミナーでは、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインは
ズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも
双方向のコミュニケーションが可能です (Skypeをご存知の方は同じようなツール
とお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。
参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りします
のでご安心ください。

本セミナーは同じ内容のセミナーを2020年2月27日(木)及び3月5日(木)
に実施いたします。 どちらかの日程にてお申込みください。

*時間はいずれも18時から20時(日本時間)です。

1) 2020年2月27日実施のセミナーのお申込みはこちら  

2) 2020年3月5日実施のセミナーのお申込みはこちら  

*注)セミナーご受講のお申込みの際、携帯電話のメールアドレス及びhotmailアドレスは記載しないで
 ください。当協会からのセミナーのご連絡が届かない場合がございます。


 ・外資系銀行を経て特許事務所にて勤務
 ・現在、奥田国際特許事務所にて、また翻訳者、執筆者、弁理士として
  活躍し、米国バベル翻訳大学院では第3科目「特許・技術・医薬翻訳専攻」
  にて「特許翻訳レベルⅠ(英日)」をプロフェッサーとして担当
 ・ 「現代日本執筆者大辞典・第5期」(日アソシエイツ)に掲載されている
 ・ 元 弁理士試験委員
 ・英検一級取得
 <著書>
 「ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語」(秀和システム)
 「国際特許出願マニュアル2版」(中央経済社)
 「特許翻訳テクニック2版」(中央経済社)
 「もう知らないではすまされない著作権」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解著作権法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解商標法のしくみ(3版)」(中央経済社)
 「米国特許法改正のポイント」(中央経済社)
 「ネイティブに笑われない英文ビジネスメール」(中央経済社)
 「こんなにおもしろい弁理士の仕事(3版)」(中央経済社)
 「誰でも弁理士になれる本(4版)」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ第3版」(中央経済社)
 「自宅でできる翻訳の仕事」(ペーパーバック+電子書籍、インプレスR&D)
 「知的財産関係条約基本解説」(法学書院、2017年1月)
 「現代日本執筆者大事典・第5期」(日外アソシエーツ)所載
 「はじめての特許出願ガイド」(中央経済社発行)2019年3月


             <出版翻訳セミナー>

『クマのプーさん』で楽しく翻訳を学ぶセミナー 

 
 ― 石井桃子の翻訳はなぜ愛されるのか ―  

 
石井桃子(1907--2008)は、『うさこちゃん』『ピーター・ラビット』など数多くの翻訳を
手がけました。『クマのプーさん』は1950年に出版されましたが、70年経た今でも長く
愛されています。翻訳者としてパイオニアである石井桃子の翻訳の特徴を分析し、
その魅力に迫ります。翻訳する上での留意点が見えてきます。

<目次>
1. 翻訳家・石井桃子
2. 『うさこちゃん』の翻訳
3. 『クマのプーさん』の翻訳
4. 言葉遊びをどう訳すか
5. 創作としての翻訳 


このセミナーでは、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインは
ズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも
双方向のコミュニケーションが可能です (Skypeをご存知の方は同じようなツール
とお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。
参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りします
のでご安心ください。


セミナーのお申込みはこちら  

*注)セミナーご受講のお申込みの際、携帯電話のメールアドレス及びhotmailアドレスは記載しないで
 ください。当協会からのセミナーのご連絡が届かない場合がございます。

●セミナー日程: 2020年3月13日(金)14時~15時30分(日本時間) 
●申込締切 :2020年3月10日(火)(日本時間)

・大妻女子大学短期大学部英文科専任講師
 ・青山学院大学、早稲田大学て゛も教鞭をとる
 ・英米文学、 英米児童文学、絵本を研究
 <著書>
 『マザーグースと絵本の世界』(岩崎美術社)
 『不思議の国のマザーグース』(柏書房)
 『英語で遊ぼう!マザーグースたのしさ再発見1~3』他
 <翻訳>
 『子どもはどのように絵本を読むのか』ヴィクター・ワトソン他編著
 (共訳、柏書房)
 『クリスマス百科事典』ジェリー・ボウラー著(共訳、柊風舎)
 『アイルランドの風の花嫁』津川=マーダン江利子著(共訳、金星堂)他