本文へスキップ

セミナー|一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)は翻訳の世界標準を目指します。

  

   <JTA 新セミナーラインナップ>    
    当協会では以下の5つのジャンルでセミナーを開催しています。
         

<オンラインで世界中から参加できます!>

以下のセミナーすべて、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインはズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも双方向のコミュニケーションが可能です。 (Skypeをご存知の方は同じようなツールとお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りしますのでご安心ください。

セミナー受講者の声を聴きませんか。
過去のセミナー受講者より頂いたセミナー レポートを掲載しています。
>>こちらよりアクセス下さい

2017年9月のセミナー スケジュール

           
「英字新聞を徹底的に読み解く!③」セミナー 第1回

 
 ◆英文記事が切り取る世相 ① 
            -海外メディアが報じる自民党失速の裏側ー◆    


本セミナーでは3回にわけて、エコノミスト、ビジネスウィーク、ニューズウィークなど英文雑誌のいろいろなジャンルの記事をよんでいきます。
今回は、エコノミスト誌7月6日号から、東京都議会選挙を報じたエコノミストの記事。海外メディアがどのように日本の政治をみているのか、一緒に読み解いていきましょう。なじみのある内容なので理解しやすいとは思いますが、翻訳となると一筋縄ではいかないかも…。雑誌記事らしく「よみやすさ」を大切に。力作をお待ちしています。

<セミナー日程> 

第1回 英文記事が切り取る世相 ①
●セミナー日程: 9月28日(木) 18時~20時(日本時間) 
●申込締切 : 9月25日(月)(日本時間)
*第1回 課題提出締切:9月25日(月) 午後3時まで(日本時間)


第2回  英文記事が切り取る世相 ②
11月16日(木) 18時~20時(日本時間)

第3回  英文記事が切り取る世相 ③
2018年1月25日(木) 18時~20時(日本時間)

*このセミナーでは、ご参加者様にあらかじめ課題問題を解いていただき、各人が提出した課題の
 回答を題材に解説を致します。
*時間の都合でお送りいただいたご参加者様の回答を題材にできない場合がありますのでご了承
 ください。

 また、課題の添削はございません。

*第1回 課題提出締切:9月25日(月) 午後3時まで(日本時間)
 お早目にお申込み下さい!

第1回 英文記事が切り取る世相 ①
●セミナー日程: 9月28日(木) 18時~20時(日本時間) 
●申込締切 : 9月25日(月)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・大阪大学文学部大学院卒業。
 ・バベル通信科を経てバベル通信講座、スクーリング講師
  その後、フリーランスとして独立。出版翻訳、Forbes誌翻訳、
  CNN登録翻訳者などを経て、現在は経済雑誌翻訳、
  ジャーナリズム翻訳を中心に活動をする一方で、
  翻訳学校講師として「自然な翻訳表現」を追求。


2017年10月のセミナー スケジュール

           <出版翻訳受験対策セミナー>
出版翻訳能力検定試験(フィクション分野) 受験対策セミナー  

 
 ― このセミナーにて受験対策をして、本試験に備えてください!―  

このセミナーでは「出版翻訳能力検定試験のフィクション分野の受験対策テキスト」の執筆者でもある専門講師が、そのテキストを使用して試験問題のポイントをさらに分かり易く解説します。
また、このオンライン試験の受験の仕方も説明しますので試験前の不安な気持ちが解消できます。

 <「出版翻訳能力検定試験(フィクション分野) 受験対策テキスト」をご購入ください>
*このセミナーでは「出版翻訳能力検定試験(フィクション分野) 受験対策テキスト」を使用しますので
お持ちでない方はご購入ください。

*今回セミナーにご参加頂ける方に限りまして、特別料金にてご購入いただけます。
 受験対策テキストお申込みフォームの「備考」欄に「10月13日の試験対策セミナー参加者」と必ずご記載ください。

●テキスト料金:
セミナーご参加者様特別料金 1,500円(税込)「海外 US$17」
   ・一般:2,800円(税込)「海外 US$32」

*セミナー受講料とまとめてお支払い頂いても結構です。
 >>試験対策テキストお申込みはコチラ 


●セミナー日程: 10月13日(金)18時~20時(日本時間) 
●申込締切 : 10月10日(木)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

・東京大学法学部卒
・エレクトロニクスメーカー勤務を経て、2008年、米国バベル翻訳大学院
(文芸・映像翻訳専攻)を修了
・東京TMC翻訳シニア・プロジェクト・マネージャー
・BABEL UNIVERSITY 講師
・日本翻訳協会 試験委員
・日本翻訳協会 セミナー講師
・翻訳家


「フィクション翻訳出版までの道のり」セミナー 

 
 ― 本づくりの舞台裏&小演習 ―     


フィクション作品の翻訳出版はどのように進むのでしょう? 実際に出版された翻訳作品を実例に挙げながら、現場の実情をお見せします。また、ちょっとした翻訳課題に取り組み、フィクション翻訳にはどのような視点が必要なのかを体感していただきます。

<セミナー目次>
1. フィクション翻訳の仕事を得るパターンとは
  現在活躍しているフィクション翻訳家の例、講師自身の例、自費出版の例などを紹介します。
2. 実際の翻訳作業はどのように進むのか
  講師の訳書『ひと箱のマッチ』『列車と愛の物語』を例に挙げながらお話しします。
3. フィクションの「肝」となる会話の訳しかた
  アレクザンダー・マコール・スミス著”Trains and Lovers”内の会話をあらかじめ訳していただき、検証します。
4. Q&A
  みなさんの素朴な疑問に、できるかぎりお答えいたします。

*このセミナーでは、ご参加者様にあらかじめ課題問題を解いていただいたうえで、当日、課題の
 解説を致します。(ご提出いただく課題回答の書式はワードで横書にてお願いいたします。)
*お送りいただいたご参加者様の回答の一部を匿名で解説の題材にさせていただく場合があります
 のでご了承ください。なお、課題の添削はございません。


*第1回 課題提出締切:10月17日(火) 午後3時まで(日本時間)
 お早目にお申込み下さい!

●セミナー日程: 10月24日(火) 18時~20時(日本時間) 
●申込締切 : 10月19日(木)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・英文学士、言語学士、翻訳修士。
 ・出版関連企業でDTP製作、校正、翻訳を経験したのち、独立して
  翻訳一本の道へ。
 ・現在は翻訳実務のほか、バベル翻訳大学院にて修了作品指導官、
  学習カウンセラーを務める。

 〈出版翻訳実績〉
 『ひと箱のマッチ』ニコルソン・ベイカー著
 『列車と愛の物語』アレクザンダー・マコール・スミス著
 『メサ・ヴェルデのひみつ 古代プエブロ人の岩窟住居』ゲイル・フェイ著
 『摩訶不思議探偵社』ブライアン・キーニー著(監訳)
 『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』 デビット・アレン著(翻訳協力)
 『FUCK IT「思い込み」をぶっこわせ! 人生が劇的に軽くなるひと言』
 ジョン・C・パーキン著(翻訳協力)
 『Originals 誰もが「人と違うこと」ができる時代』アダム・グラント著(翻訳協力)
 『Invisible Capitalism』田坂広志著(英訳協力)
           『The Wisdom Forgotten 忘れられた叡知―詩的寓話 目に見えない資本
           主義―』田坂広志著(英訳協力)
           『The Staircase Where We Can See the Future未来の見える階段―詩的
           寓話人類の未来その彼方に―』田坂広志著(英訳協力)



「歴史用語の英訳の現状と課題」セミナー 

 
 ― 日本文化を世界に発信する試みとして ―    


 日本文化を世界に発信する上で、英訳は必須のプロセスとなります。しかし、日本独自の用語
などを日本にあまり知識のない人たちに誤解なく伝えるために英訳するのは、なかなか簡単な
ことではありません。本セミナーでは日本史に関する用語を取り上げ、どのような用語が
どのように英語に訳されているのかの現状、日本史の専門用語を英訳する上での課題などを、
古代から近現代まで具体例を挙げながら説明します。

<セミナー目次>
1:日本史用語の翻訳の現状
  1)海外での日本史研究の軌跡と英訳の変遷
  2)言語のニュアンスの違いによる諸問題
2:歴史用語を英訳する上での課題
  1) 古代史に関する場合
  2) 近現代史に関するもの
3:日本史を海外に発信するために:何が参考になるのか

●セミナー日程: 10月27日(金)18時~19時30分(日本時間) 
●申込締切 : 10月24日(火)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・青山学院大学大学院文学研究科日本語日本文学専攻修士、南カリフォルニア
  大学 大学院歴史研究科(日本史専攻)博士課程修了(Ph.D. in History)。
 ・専門は前近代日本史。日英の二か国語で研究を行う。東京大学史料編纂所の
  データベース「応答型翻訳支援システム」の所外メンバー。
 ・研究活動の一環として、日本文学及び歴史に関する学術論文の翻訳
  (日本語訳・英訳共に)と古文・史的漢文の英訳に従事している。
 ・現在立正大学文学部講師。日本史・日本文化に関する授業を英語で担当。


2017年11月のセミナー スケジュール


「文芸翻訳を楽しもう」セミナー 

 
 ― 本好きによる本好きのための文芸翻訳 ―    


魅力的な文芸作品の魅力的な翻訳を作り上げるには、英語を解釈する力以外にも必要なものが
あります。このセミナーでは、技術とはまた違った側面から、文芸翻訳をするうえでの大切な
点についてお話ししていきたいと思います。文芸翻訳にご興味のある方も、今現在文芸翻訳を
勉強中の方も、翻訳がもっと楽しくなることでしょう。

<セミナー目次>
1.文芸翻訳の翻訳家とは
 文芸翻訳家に求められる資質とは? 
2.日本語のリズム
 よい翻訳文とはどういうものか
3.キャラクターを読み解く
 キャラクターの違いが作品を変える

●セミナー日程: 11月7日(火)18時~19時30分(日本時間) 
●申込締切 : 11月1日(水)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・旧大阪外国語大学ドイツ語科卒。
 ・バベル翻訳専門職大学院(USA)修了
 ・監訳作品に『エナ――火をあやつる少女の物語』『玄天――白虎』『自由に
  はばたけるこどもを育てよう――のびのび育児のすすめ』『ローシーの扉
  シリーズ』



「外国との英文契約の注意点」セミナー

 
 ― 外国との法律問題・税務問題を防ぐ ―     



外国と取引をする場合には、英文の契約を作成します。英文契約の多くは、アメリカの法律事務所
が作成したものか、そのような契約をモデルにしたものです。このような契約には、英米法がバックにあります。そして、何か問題があると、アメリカの法律や、英米法がバックにある国際条約が出てきます。

例えば、アメリカでは、誠実・配慮・合理性・払うべき注意などの義務に関する規定は、契約で排除することができません。アメリカの裁判所は、契約が非良心的なものであれば、契約の効力を否認
することができます。アメリカの反トラスト法、製造物責任法、移転価格税制、アンチダンピング法などは、日本よりも厳しいものです。アメリカには、日本にはない法律もあります。1986年にできた雇用法は、人を年齢で差別することを禁止しています。このためアメリカでは1986年から定年制がありません。もしアメリカで従業員の雇用契約に「定年は65歳」などと書いたら、そのような規定は無効になります。

セミナーでは、このような外国と英文契約を作成する場合の注意点について説明します。外国との
法律問題・税務問題などを防ぐため、海外事業・輸出入・法務・税務・リーガル翻訳などの人たちに学習していただきたいと思います。

<セミナー目次(内容)>
 1. 英文契約と英米法
 2. 日本・アメリカ・EUの製造物責任法
 3. 日本・アメリカ・EUの独占禁止法
 4. 移転価格税制

●セミナー日程: 11月21日(火) 18時~19時30分(日本時間)  
●申込締切 : 11月16日(木)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・東京大学法学部卒業。
 ・三菱レイヨン (現在の三菱ケミカル) にて、アメリカの炭素繊維メーカー
  2社の買収と経営、海外関係会社の管理責任者、海外関係会社3社
  の社長。
 ・2002年より、バベル翻訳専門職大学院(USA)プロフェッサー、
  国際取引法。